2009年09月28日

ハーフ子猫たち★後日談

8月にご紹介したアメショーxノルハーフの子猫の子猫たち、
後日談のご紹介です。

実は管理人のキャッテリー出身の猫が母猫でして、
ノルウェージャンとの交配を済ませて預け先に戻したのですが、
ノル君との交配はうまくいっていなかったようで、
預け先にいたアメショー君との間に子猫が生まれました。

管理人の交配管理としては失敗だったのですが、
生まれてきた子猫たちは失敗でも何でもなく、
みんな穏和で優しい性格の、おっとりした子猫たちでした。

さんご君をのぞいてはややシャイ気味であったものの、
乳母は少しでも人馴れしてくれるようにと、
オヤツや猫じゃらしで気を引いて、何とか抱ける程度には
人間が好きな子猫に育ってくれたのでした。

乳母の家にはノルウェージャンしかいませんので、
この子猫たちは色々と新鮮な驚きをもたらしてくれたのでした。
とても勉強になりました。

一部の子猫にはトラブルがあったのですが、
無事、すべての子猫に暖かい家庭が見つかりました。

ブリーダーとしてはなっていない、また、
キャッテリーとしては管理不足と言われても
しょうがないかもしれないのですが、
この子猫たちは
今まで繁殖してきたノルウェージャンの子猫達と等しく
健康管理や馴化飼育も行ってきました。

家庭猫として間違いなくステキな子たちであると
誰にも恥じず言うことができます。

そして、その子猫たちをお迎え下さった各オーナー様に、
トラブルの間、私を支えて下さったすべての方に、
このブログを読んで下さった方に感謝いたします。

ニックネーム こねこ・おおねこde愛隊管理人 at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 里親募集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1848514
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック